リオデジャネイロオリンピック2016

もうすぐオリンピックが始まりますね楽しみが増える情報を書いてみたいと思います。

松山英樹が2016オリンピック日本代表を辞退 理由はジカ熱と衛生環境と治安問題

残念男子プロゴルファーの松山英樹選手がリオデジャネイロオリンピック辞退をすることを発表しました。

 

f:id:Currentevents:20160704044319j:plain

http://www.golfdigest.co.jp/?car=top2_navi

 

スポンサードリンク

 

 

 

オリンピックに出る価値
 世界で戦っているトッププロゴルファーの中ですでにオリンピックに出ないことをアダム・スコット ビジェイ・シン シャール・シュワルツェルらは表明している。
 そもそも、彼らにはオリンピック出場よりもメジャーに勝つことは優先するようで、個人の価値感が違うのでしょう。

ジェイソン・デイ選手のコメント

「僕たちゴルファーにとっては最高の試合であるメジャーが毎年行われている。僕らのキャリア(の善し悪し)は何回メジャーで勝ったか、何回(ツアーの)試合で勝ったかという点に基づく。だから誰もオリンピックに出ないという選手を批判できない。ゴルファーにとっては金メダルの価値は別のところにあったんだから」

その中の一人に松山英樹選手も含まれてしまいました。

 

 その反対にリッキー・ファウラー選手は

 

「出ない選手には大きな理由があるんだと思う」とし「僕は100年以上ぶりに(ゴルファーが)オリンピックに出られる機会は一生に一度の経験になると思っているひとり。米国のために戦い、開会式で行進して、オリンピックの一部にでも参加できたら特別なものになる」

 

 

ジカ熱と衛生環境と治安問題
 現在ブラジルではジカ熱が流行していて、その原因は蚊の媒介によるものでゴルファーにとってツアーに支障をきたすのも有るでしょうし、ブラジルの衛生環境・治安は決して高いものではないことは良く知られています。

 

そもそも、開催国として適切だったのか?という問題も有りますね。スポーツの祭典であるオリンピックなのだから
選手の安全確保は最重要課題であると思います。

スポンサードリンク

 

まとめ
 松山英樹選手の辞退は、以前に蚊にさされトラブルが実際にあっているだけに用心したのでしょう。ゴルフファンとしては残念ですがツアーを元気に出場してもらう方がいいですね。ただ、出場したくてもできない人がいることも忘れてはいけませんね。